ブログ

秀プランテックブログ

資産価値をも落としかねない連結送水管・消火栓のボックスの現状。。。

ここ数年、連結送水管や消火栓のボックスを改修する工事が急激に増えています。   今まで一般的だったのは避難ハッチの改修で、20年以上前から浸透しており現在も進められています。 避難ハッチの場合、そのほとんどが居住スペースに関わるバルコニーに設置されています。 普段あまり意識をしていなかった避難器具...

工事の依頼は、メーカーに直接依頼するのが一番安心で安い?

よくある疑問です。   普通に考えれば、メーカーに直接頼むのが一番安いと考えませんか。 だって、中間に販売店が入れば入るほどその企業の利益が上乗せされるのです。 誰もがそう思うはず。 ところが、実はそうとも言えないのです。   なぜかというと、メーカーの販売には直販部門と代理店部門...

老人施設のスプリンクラー設置の義務化について

ここのところ、以前にも増して老人施設の相談が増えています。 特に増えたのが、スプリンクラーの設置についてです。   長崎市で起きたグループホームの火災がきっかけになり、あらゆる老人ホームのスプリンクラー設置が義務付けられたことが要因です。 以前は、延床面積が275㎡未満の老人施設はスプリンクラー義...

今年は社会が間違いなくパニックに陥る!!

旧年中は、いろいろな方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 昨年同様、本年もよろしくお願い申し上げます。   さて今年は、いよいよ4月に消費税の増税が控えております。 社会的に大騒ぎになることは間違いでしょう。 事実私たち消防設備の業界でも、10月以降とんでもない影響がでています。 ...

連結送水管・消火栓ボックスを改修する時の注意点

最近こんな質問が増えています。   “連結送水管や消火栓のボックスを改修した際、消防署への届出は必要なのでしょうか。”という質問です。 一言で簡単に言ってしまえば、当然必要です。 これは、以前にも消防設備全般ということでお話ししたかと思います。 しかし、どのようにどこまで改修したのかによって、届...

避難ハッチの改修時に多い間違った要望。それは?

ビルやマンションの大規模修繕が多いこの時期に、よくある間違った相談をご紹介します。   バルコニーに設置されている避難ハッチは、あまり意識されていないことが多いため、さまざまなトラブルにつながることがあります。 今回のケースは、物干し竿をかけた際避難ハッチまではみ出し梯子を降下させることができないと...

避難ハッチの補修・改修を行った際、消防への届け出は必要?

マンションやビルなどの大規模修繕を行うに当たり、ベランダにある避難ハッチが腐食していて交換対象に含まれている場合があります。 そんなとき、関係者からはよくこんな話しを耳にします。 “避難ハッチなんて金物の一種だから、届出なんて必要ないよ。”とか、“消防点検はやっているから、その会社がやればいいんだよ。”など。 ...

素朴な疑問(垂直式救助袋の中はどうなってる?)

以前書きましたが、あれからも幼稚園や老人施設などからハッチ式救助袋のお問い合わせが増えています。 そんな中で、よく耳にする素朴な疑問についてお答えします。 垂直式救助袋の袋本体の中は、いったいどうなっているのでしょうか。   斜降式は、見た目でもわかるとおり滑り台のような構造なので、当然内部には何...

避難器具の自主設置についての扱い。

久々の更新です。 今回は、避難器具の自主設置についてです。   この建物は都心にある5階建ての事務所ビルで、室内階段1つの他にバルコニーに避難ハッチがついています。 建築当初より1フロア1事業所での貸出でしだが、これを2事業所に貸出をするため中間を区切りました。 そうなると、バルコニー側の事務所...

これから増える救助袋式避難ハッチへの改修

先日施工して施工事例に載せたばかりですが、早くもまた救助袋式避難ハッチのお問い合わせがありました。 現地で打ち合わせさせていただきましたが、理由は前回と全く同じです。   10F建てマンションで高齢者が多いため、火災が起きた時避難はしごではとても1Fまで逃げられないので不安だとのこと。 そりゃあそ...
12

このページの先頭へ