ブログ

ティアラブログ

ダンススクールに行ってきたぞ!その結果は・・・・。

先日何と今月から入会したダンススクールに、初めて行きました。

その歳でと皆さんお思いになるでしょう。

そう、何を隠そう私は50歳なのです。

いないですよね、この歳からダンスを始める人なんて・・・。

でも、ダンスは昔から好きで大学時代はよくディスコ(今のクラブです)にはまっていました。

何より健康には良さそうですし、格闘技もやっているので体力には自信あり。

最近授業でもヒップホップが取り入れられているので、子どもたちと趣味を共有する意味でも必要だと思って入会を決意しました。

 

このスクールは、色々なジャンルからいつでも好きなコースを選ぶことができます。

本来なら授業で取り入れられているヒップホップなのですが、さすがに体力的に無理がありそうなので、今回は少し楽そうなヒップホップジャズを選びました。

当然ですが、レッスンは入念なストレッチから入ります。

その字の通り、普通に考える軽いストレッチとは訳が違い、伸ばす要素に加え筋トレ要素が入っているのでしょうか。

15分を過ぎたあたりには、全身汗でびっしょり。

じっくりストレッチをやり、さあここからいよいよ本番。

ジャズの要素があるため、最初はバレエの基礎になるプリェという動作から入りました。

プリェとは、足先を外に向け揃えそこから膝を曲げていくだけなのですが、これが意外ときつい。

背筋をのばして動作をゆっくりやらなくてはいけないため、おしり・ふくらはぎ・股関節にきます。

次は右足から足を斜め45度・90度にのばす動作を前・横・後と左右ゆっくりやります。

これもまた、きつい。

格闘技でやるような瞬間の動きではないので、今まで鍛えていた筋肉は役に立ちません。

おまけに、上半身についた筋肉の重さがすべて負担となって、容赦なく足にのしかかります。

この時、ダンスに使わない筋肉はいらないことを痛感しました。

その後いくつかのステップを練習して、レッスンは終了。

格闘技とはちょっと違う汗(冷や汗も含めて)をたくさんかきました。

 

今回の感想は、一般の人にはいい運動になりますが、私の場合まず格闘技でついてしまった筋肉を落とさないとちょっときついようです。

格闘技の練習では、あまり筋肉痛にならなっかたのに、久々に筋肉痛になりました。

次回は、何にしようかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ